月例会について

 現在、みやざき市民座禅会 の月例会における座禅の指導は、人間禅鹿児島支部のメンバーが伺います。将来 宮崎県の地元の方々によって運営される方向を目指します。

 

 会場は、宮崎市市民文化ホールないし宮崎市市民プラザーの和室をお借り入て例会を開催しております。3ヶ月前に会場の使用申し込みを致しますが、毎月1回土曜日の午後の時間に開催したいと思っていますが、会場が空いていない場合があり、夜になったり別の日の午前中になったりと時間と開催日が変動しています。

 

 開催日のお知らせは、このホームページの外に、宮崎日々新聞、読売新聞、朝日新聞のお知らせ欄に掲載をお願いしていますが、開催日2週間前から開催までの不特定の日に掲載されているようです。

 

月例会の内容

 〇 開始時間は、会場の案内と一緒にお知らせしますが、通常は終了まで1時間半ほどになります。

 

 〇内容・・まず、坐禅の仕方と数息観(呼吸法)をご説明しご指導いたします。

 

 〇静座即ち座禅の時間は、古来一本の長い線香が点り尽きるまで約45分~50分程です。

  これを一炷香といい、この間座禅の姿勢を崩さず数息観三昧になります。

 

  市民座禅会では初心者向きに、一回の静座を15分とし、休息をいれて3回行います。

  休息の間にご質問があればお受けしお話したりします。

 

 〇2回の静座後に、『茶掛けの禅語・一行物』という故 如々庵洞燃老師著の一語句を毎回読んで

  禅と茶道についての造詣の機会としています。

 

 〇最後に15分静座し、例会を終了します。

 

 


服装など

〇服装は、写真のように座禅を組みますので、楽な服装がおすすめです。普段の服装でかまいませ

 ん。

 

〇膝の悪い方など、坐禅静座が出来ない方には、椅子での静座をしていただきます。

 ご一報いただければ椅子を用意します。

 

〇公営の会場ですので、参加料・資料代とも頂きません。無料です。


自主運営へ発展するには

〇将来、宮崎の地元の方々5~6名の方々が会を作れば座禅会の自主運営が可能です。

 会場の使用料や資料代、或いは運営費がかかりますので、会費も必要になってきます。九州各県の

 人間禅支部を参考にすることが出来ます。

 

〇宮崎の地元会員による地元社会人の為の、宮崎禅会へと進むことが出来ます。

 

  鹿児島支部の講演会の様子        鹿児島支部月例会での呈茶の様子      県民交流センターでの市民座禅会